リース, 英文契約, 銀行

PROMISSORY NOTE (プロミサリーノート)約束手形、ローンの場合は借用証書の意味

英米文化圏で、ローンを借りる時に、ローン契約としてPROMISSORY NOTEを書くことになりますが、「金銭債務の支払いを約束する書面」とい ...

リース, 英文契約, 貿易, 銀行

英文契約書で、willは義務を表す言葉ですが、ニュアンス的にはshallよりも弱くなります。shallよりも強制力の弱い義務ということです。

ビジネス上、力関係があり、立場の強い人が契約書を作成すると、相手の義務については ...

リース, 英文契約, 貿易, 銀行

英文契約書上のmayは、「~する権利を有する」と、権利を表します。これは法的に強制できる強い権利です。

ちなみに、「可能ではあるが法的な権利まで有するわけではない」場合には、be entitled to を使用します。

リース, 保険, 英文契約, 貿易, 銀行

英語で書かれた英文契約書では、頻繁にshallが出てきますが、学校で習ったshallとは意味が違います。未来を表す助動詞ではありません。

英文契約においては、法的拘束力のある義務、当事者が履行しなければならない義務を表して ...

リース, 英文契約

Cotractは、英米契約法では法的拘束力のある合意(Agreement)のことです。日本の契約法では、当事者間で合意すれば即契約成立となりますが、英米ではそうではありません。

英米契約法で法的拘束力のある契約が成立するた ...

その他実践英語, リース

Captive キャプティブの意味と解説【金融業界用語】

Captive(キャプティブ)って言葉、金融業界関係者以外、あまり聞いたことがないと思います。

特に小売り、不動産、サービス業、メーカー、建設会社等では使わないので、 ...

リース

いわゆる擬似(ぎじ)オペリのこと

シンセティック・リースは、貸主側はファイナンスリースとして認識しているが、借主側はオペレーティングリースとして処理しているリースのことを言います。

擬似オペリ(シンセティック・リース)は、擬 ...

リース, 銀行

未貸付残高にかかる手数料のこと。コミットメントフィーとも言います。コミットメントライン契約やプロジェクトファイナンスの未使用資金枠に対する手数料のこと。
つまり銀行などの金融機関から、将来、いくらまで借りることができるよという ...

リース, 銀行

上記タイトルの3つは、全て同じ意味を表しています。
「リコース」とは遡及を意味します。

簡単に言うと、
返せなくなったら、債務以上の借金は入らない。もし返せなくなったら担保にしてるものをもらうけどそれでちゃ ...

銀行

投資家に支払われるべき資金が、他の当事者の資金と混同(コミングル-commingle)されるリスク。

例えば、原資産からの回収金が、サービサー会社自身の資金と混和している状態で、サービサーが破綻手続きに入ったとする。

リース, 銀行

債権譲渡の第三者対抗要件を具備するための条件を英語で書くとこうなる

債権譲渡の対抗要件具備方法には、以下3つの方法があります。

・三者間の場合は「通知」もしくは「承諾」、

・二者間の場合は「債権譲渡登記(法人が行 ...

リース, 英文契約, 銀行

collateral コラテラルは担保の意味

担保のこと。アメリカ英語でポピュラー。

collateral を動詞にした collaterize は、そのまま「担保にする」。

債務の弁済を確保するために予め債権者 ...