paid up capitalの意味と貸借対照表(B/S)のどこをチェックすれば良いのか?

paid up capitalは、「払込済資本金」のことです。

「払込済資本金」とは、会社設立の為に資金調達の手段として株券を発行する際、または既存企業が資本金増額(増資)する時に株券を割当てたりしますが、その株に対して実際に支払われてその会社の資本金となったものが払込済資本金=払込資本です。

なお発行済資本(Issued Capital)は会社が発行した株式の金額、払込資本(Paidup Capital)は株主が実際に会社に払込んだ金額を指します。

発行済株式の発行価額の総額のうち、資本の額に組み入れられた部分です。

具体的には、貸借対照表の「資本金」に当たります。

つまり、払込済資本金=資本金ということです。

英文の貸借対照表では、「資本」のところを見ると、

Share Capital
Reserved
Accumulated Profits

等となっていますが、Share Capitalに記載してある金額が、paid up capitalに該当します。

もし今回読んだ情報が役に立ったら、ぜひ応援クリックお願い致します→ビジネス英語 にほんブログ村