Letter of Undertaking (LOU)の意味

2017年6月21日

スポンサーリンク

Letter of Undertakingを出してくれ!

Letterはもちろん分かるが、Undertakingって、何だ?と思う方も多いでしょう。
Undertakingの原形は、Undertakeです。

英語で仕事をしているとビジネスシーンでよく登場します。特に米英統治圏だった国で多いと思います。

辞書を引くとUndertakeの意味は、引き受ける、約束する、同意する、着手する、保証する、断言する。
いろんな意味がありますが、これだけ羅列すれば何となく意味の方向性が分かって来たと思います。

Letter of Undertakingの意味は、ずばり「確約証」と言っていいでしょう。

役立つビジネス英語があるかも→ランキング

例えば、何かの物件注文をした際に、業者やサプライヤーに対して「必ずお金を支払います」という確約証みたいな感じでLetter of Undertakingを発行することになります。

似たような意味のもので、アフィダビットというものもありますが、Undertakingは公証人とかの前で宣誓するわけではないので、アフィダヴィットの方がよりフォーマルですね。

TOEIC(R)のスコア目安がすぐわかる!
最新コンピュータテスト英語コミュニケーション能力判定テストCASEC(キャセック)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOEIC・英検の資格試験対策に!就職・転職活動の履歴書添付用の結果表があります!



もし今回読んだ情報が役に立ったら、ぜひ応援クリックお願い致します→ビジネス英語 にほんブログ村