当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。広告も掲載しているサイトだとご認識ください。

消費者庁が2023年10月1日から施行する景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう配慮していますが、もし問題のある表現がありましたら、適宜記事内のコメント欄等からご連絡いただければ幸いです。

参考:景品表示法についての詳細はこちらをご参照ください

ディールフロー(Deal flow)の意味と解説

2021年8月12日

ディールフロー(Deal flow)の意味と解説

ディールフロー(Deal flow)の意味は、投資機会の流れ。

つまり、「取引(案件)の流れ」です。

「ディール・フロー(Deal Flow)」とは、スタートアップ、M&Aやベンチャーキャピタルの業界でよく使われる言葉です。

例えば、あるビジネスで紹介で案件(仕事)が入ってくるような形にして、自社だけで苦労して営業するだけでなく、自然に案件が入ってくる流れを作ることが有効です。

つまり、リース業界でいうところのディーラーに対する販売金融のスキームですね。

アライアンスによって「ディール・フロー」からの売上アップができる、みたいな感じで、この言葉は使われます。

ビジネスプランからイベントのピッチまで、状況によりいろんな意味になります。

慣れないとちょっと分かりにくい言葉ですよね。

もし今回読んだ情報が役に立ったら、ぜひ応援クリックお願い致します→ビジネス英語 にほんブログ村